2005年08月04日

NASAサイトで状況を知る。+画像

Space Shuttleの船外活動が上手くいっている様子は
テレビのニュースでも流されていますが
NASAのサイトでもわかります。しかも実況生放送!!
動画もあるので宇宙に興味がない方にも魅力的なサイトです。

翻訳ソフトで記事を訳したものを載せましたが、ヘンな日本語(・・;)
↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓

NASAは発見の保温効果の高い毛布の近くを見ます;
歴史的な宇宙遊泳成功
NASA Looks Close at Discovery’s Thermal Blanket;
Historic Spacewalk a Success
Spacewalker Steve Robinson.jpg

STS-114の3番目の宇宙遊泳が現在、歴史の本にあります。 遠足はスペースシャトルの積込みプラットホームの熱シールドと付属の駅への軌道における初めての修理を特徴としました。

軌道の遠足は、東部夏時間午前4時48分に始まって、東部夏時間午前10時49分に終わりました。

熱シールド修理の努力はすぐに、ちょうどスペースシャトルディスカバリーの下腹部で計画されているように起こりました。 STS-114 Mission専門家のスティーブ・ロビンソンはディスカバリーの上の熱を保護するタイルの間の2つの領域からはみ出ていたギャップフィラーを取り外しました。 ロビンソンは出て来るまでそっとギャップフィラーを引っ張りました。

彼が2番目の突出を取り除いた後に、「この大きい患者が回復するように見えます。 」と、ロビンソンは宣言しました。

+ ギャップフィラーを取り外しているロビンソンの視点ビデオ

また、ロビンソンは領域を去って、貨物室に戻る前に、ディスカバリーの熱シールドの写真を撮りました。

+ ギャップフィラーを取り外します: 宇宙遊泳している第1(記事)
+ カスタム設計された道具(写真)

1人の宇宙遊泳者だけがディスカバリーの下側に働くことができましたが、修理の努力はチームワークを必要としました。 仲間宇宙遊泳者Mission専門家のSoichi野口はコミュニケーションと視覚サポートをロビンソンと航空管制官に供給しました。 任務専門家のアンディ・トーマスは宇宙遊泳コーディネータでした。 パイロットのジム・ケリーとMission専門家のウェンディー・ローレンスは宇宙遊泳の駅のロボット・アームオペレータでした。

宇宙遊泳の最初のタスクはロビンソンと仲間宇宙遊泳者Soichi野口によるExternal Stowage Platform-2(超能力-2)のインストールでした。 それらは駅のロボットの腕によって補助されました。 そして、野口は材料露出実験を駅の外部にインストールしました。

他の活動では、Mission Controlは、ディスカバリーの上の指揮官の窓の下の絶縁毛布を点検するのにOrbiter Sensor Systemを使用するようにSTS-114クルーに頼みました。 また、貨物積込み活動はSpace駅で行われています。
宇宙ステーション

(原文)
STS-114’s third spacewalk is now in the history books. The excursion featured the first-ever on-orbit repair of a Space Shuttle’s heat shield and attachment of a stowage platform onto the Station.

The orbital excursion began at 4:48 a.m. EDT and concluded at 10:49 a.m. EDT.

The heat shield repair efforts occurred quickly and just as planned on Space Shuttle Discovery’s underbelly. STS-114 Mission Specialist Steve Robinson removed gap fillers that were protruding from two areas between heat-shielding tiles on Discovery. Robinson gently tugged the gap fillers until they came out.

After he removed the second protrusion, Robinson declared, "It looks like this big patient is cured. "

+ View video of Robinson removing the gap filler

Robinson also took pictures of Discovery’s heat shield before leaving the area and returning to the payload bay.

+ Removing the Gap Fillers: A Spacewalking First
+ Customized Cutting Tool

Even though only one spacewalker was able to work on the underside of Discovery, the repair efforts required teamwork. Fellow spacewalker Mission Specialist Soichi Noguchi provided communications and visual support to Robinson and flight controllers. Mission Specialist Andy Thomas was the spacewalk coordinator. Pilot Jim Kelly and Mission Specialist Wendy Lawrence were the spacewalk’s Station robot arm operators.

The first task of the spacewalk was the installation of the External Stowage Platform-2 (ESP-2) by Robinson and fellow spacewalker Soichi Noguchi. They were assisted by the Station’s robotic arm. Then, Noguchi installed a materials exposure experiment on the Station's exterior.

In other activities, Mission Control asked the STS-114 crew to use the Orbiter Sensor System to inspect insulation blankets under the commander’s window on Discovery. Also, cargo stowage activities are taking place on the Space Station.

実況生放送!!は、+ NASA TV からYAHOO!などを選択。

野口さんなどのクルーの紹介、船外活動の様子、シャトルから見た地球など、とても綺麗な画像がライブ放送されています。

さらに修理が必要とのことですが、各ミッションが上手く完了し、無事に帰還されることを願っています。

こちらもよろしくです。人気blogランキングへ。


シャトル修復作業を完了、野口さんが支援 NASA。
cnn.co.jp
シャトル帰還日決定、4日以降に 別の傷を再検討へ。
asahi.com


日本語サイトもあります。
宇宙航空研究開発機構
NASA TV ライブ中継&番組表

位置情報・・コレもリアルタイム?
http://964.jp/Z2Sg
GoogleSatTrack 2

http://kibo.tksc.jaxa.jp/letsview/visibility1/
10日分の目視予想情報
http://sts-114.jaxa.jp/live/program.html#10
8月4日 (飛行10日目)のスケジュール
posted by Heartz. at 09:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5607152
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
 blog Ranking バナー.bmp家電・AV機器 Rankingに登録しました。
週刊ブログランキングくつろぐ
My Yahoo!に追加

 □□□ ブログ関連書籍ランク □□□
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。